カーネリアン(天然石ビーズ)の意味

ラ行の天然石

さまざまなチャレンジを後押ししてくれる天然石

カルセドニーグループの中でも有名な天然石。
日本ではレッドカーネリアンと呼ばれる場合が多いが色合いは赤~ややオレンジ系の色合い。

歴史も古く、古代エジプトのツタンカーメンの遺跡からも装飾品として発見されている。

色合いからも明るさに満ちたエネルギーを象徴し、仕事・恋愛・チャレンジの可能性を広げるといわれています。

産出量・流通量も多いため、比較的安価で手に入るため、天然石ビーズ制作でもよく使用されます。

カーネリアンの石言葉とヒーリング効果

■可能性
■目的達成
■チャレンジ精神
語源は「肉」といわれており、肉体的なエネルギーを高める効果といわれています。

カーネリアンの特徴

和名:紅玉髄
英語:carnelian
中国語:紅玉髄

玉髄(ぎょくずい)はカルセドニー・紋模様があるものを瑪瑙(めのう)という。

ルビーとともに7月の誕生石

産地:インド、ブラジル
モース硬度:6.5-7