アクアマリン(天然石)の意味

ア業の天然石

名前の通り、水に由来があり航海のお守りとして船乗りに愛されてきました。

航海は長い人生に例えられ、夫婦共に歩む幸せな結婚のお守りの象徴に。

アクアマリンはベリルという鉱物に属し、エメラルドと同じです。

とても人気のある天然石で、色が濃いものもあれば透明度の高いものもあります。

天然石市場では透明度の高いほうが高価になります(流通量の差)

色合い的にも癒しの印象も強く、男性、女性共に人気があります。

アクアマリンの石言葉・ヒーリング効果

■癒し
■夫婦円満
■柔軟性
■勇敢
癒しの力が強いといわれ、感情的なエネルギーの滞りを解消し良質なコミュニケーションをとるサポートをしてくれるといわれています。

アクアマリンの特徴

3月の誕生石として有名なアクアマリン。

名称はラテン語の「海水」

和名:藍玉(あいだま)
英語:Aquamarine
中国語:水宝玉

■主な原産国
世界各地で産出される(例:ブラジル、マダガスカル)
■硬度
7.5-8