ガーネット(天然石)の意味

カ行の天然石

「生命力と愛情」前向きな変化を促す天然石

ガーネットは1月の誕生石として有名です。

赤めの色合いから「血」の象徴ともなり、古来は戦場に赴く際のお守りとしても使われていました。

血液と関連する意味合いが多く、「血液の循環の活性化」「情緒の安定」という「生」を表す意味合いが多く伝えられています。

新しく再生する意味合いもあるのでしょう。

新年を迎える1月にピッタリのパワーストーンです。

ガーネットの石言葉とヒーリング効果

■生命力の向上
■前向きな変化
■心の安定
■エネルギーの循環
■勝利
■愛情

ガーネットの特徴

ガーネットはケイ酸塩鉱物のグループ。
天然石ビーズとしては、透明度の高いものは非常に高価で天然石ビーズでなく宝石に使われることが多い。
天然石ビーズは主に黒に近い赤色が流通の主流。

■主な原産国
世界各地で産出される(例:アルゼンチン、オーストラリア、ドイツ)
■硬度
6.5 – 7.5
■成分
A3B2(SiO4)3

天然石の中でも比較的重量のある天然石です。

和名:石榴石(ざくろ石)
英語:garnet
中国語:柘榴石