アパタイト(天然石)の意味

ア業の天然石

絆を深めるパワーストーン「アパタイト」

アパタイトは和名を燐灰石(りんかいせき)といいます。
化学組成の違いによって多彩な色をもちいくつかの種類があります。

アパタイトの持つエネルギーとして

■絆を深める

■絆を繋げる

というのが特徴です。

また、他の天然石との組み合わせによって健康の状態をエネルギー的に定着させたり、勉強の理解力を深めるといわれています。

「繋げる」という言葉からも、精神的な不安定感を緩和し、思考を安定するよう調整してくれるといわれています。

アパタイトの石言葉とヒーリング効果

・絆を強める
・心身のバランスを整える
・洞察力や直観力を強める
・感性を豊かにする

アパタイトの特徴

■主な原産国
カナダ、ブラジル、ロシア等
■硬度
5
■成分
Ca5(PO4)3(F,Cl,OH)1

和名:燐灰石
英語:apatite
中国語:燐灰石
色:青色、緑色系

透明なアパタイトは非常に貴重で天然石ビーズとしてはほとんど流通していません。
また、硬度が低いのでやや脆いのも特徴です。